> カテゴリ
全体
未分類
> フォロー中のブログ
> 大型草食恐竜の新種化石=1億500万年前、米国で発見(時事通信)
 米ユタ州東部の約1億500万年前(白亜紀中期)の地層から、首と尾が長い大型草食恐竜「竜脚類」の頭骨化石が見つかり、新属新種に分類したと、米ブリガムヤング大が24日発表した。約1億5000万年前(ジュラ紀後期)に繁栄した同類の「ブラキオサウルス」(全長約25メートル)に近いが、歯が小さくなり、より早く生え替わる傾向がうかがえるという。
 「アビドサウルス(属)マッキントシ(種)」と名付けられた頭骨化石は4個あり、いずれも成体になる前の若い個体。このうち2個がほぼ完全だった。頭の体積は体全体の200分の1程度しかなかったとみられ、樹木の葉を食いちぎった後、そしゃくせずにそのままのみ込んでいたと考えられる。
 論文はドイツの科学誌に掲載され、竜脚類の進化過程を解明する手掛かりになると期待される。 

【関連ニュース】
【動画】恐竜2009〜砂漠の奇跡〜
特集・恐竜図鑑〜羽毛恐竜、全身の色を推定〜
〔写真特集〕肉食のスピノサウルスなど出現! 恐竜2009 砂漠の奇跡
〔写真特集〕生命の歴史 太古の生物
羽毛恐竜、全身の色を推定=色素を現在の鳥と比較

無登録でマンション管理 適正化法を初適用し書類送検(産経新聞)
首相動静(2月20日)(時事通信)
「環境税と排出量取引の議論は同時に」小沢環境相が温暖化対策で強調(産経新聞)
五輪フィギュア 明智光秀らの子孫も織田選手にエール(毎日新聞)
シー・シェパード“放置”する米・蘭・豪は「テロ支援国家」(産経新聞)
[PR]
by acuzvpgh3f | 2010-02-27 19:12