> カテゴリ
全体
未分類
> フォロー中のブログ
カテゴリ:未分類( 73 )
父と同僚、車ではねる…殺人容疑で長男指名手配(読売新聞)
 札幌市北区の路上で10日、会社員の男女が軽乗用車にはねられ死傷する事件があり、北海道警札幌北署は同日、車で故意にはねたとして、殺人などの容疑で男性の長男、金舛裕之容疑者(38)の逮捕状を取り、指名手配した。

 発表によると、10日午前1時15分頃、同区北19西3の路上で、近くの金舛政利さん(60)と、会社の同僚で同市南区石山3の6、小山内陽子さん(59)がはねられた。小山内さんは腹部をひかれ、出血性ショックで死亡。金舛さんは腰に重傷を負った。

 捜査幹部によると、裕之容疑者は今年3月から、自身が契約する現場近くの賃貸マンションで金舛さんと2人で暮らしていた。しかし、裕之容疑者はたびたび金舛さんに「出て行け」などと言っていたという。

 事件直前の9日深夜、同居を巡って口論となった後、裕之容疑者が外出した。金舛さんが小山内さんを呼び、自宅近くの歩道で相談していたところ、突然、裕之容疑者が運転する軽乗用車が2回突っ込んできた。

宮崎の主力級種牛5頭、口蹄疫感染シロ(読売新聞)
厚労省元係長の初公判=偽証明書の実行役―郵便不正事件・大阪地裁(時事通信)
<河村・名古屋市長>菅内閣に注文 「増税せんでちょう内閣」と命名(毎日新聞)
大学校名に「日本」 エジプトで開校式(産経新聞)
8月末までの地元合意困難=普天間工法の決定―北沢防衛相(時事通信)
[PR]
by acuzvpgh3f | 2010-06-11 22:38
職質中に車を急発進、重傷おわせた20歳逮捕(産経新聞)
 職務質問中に車を急発進させて警察官に重傷を負わせたとして、大阪府警岸和田署は31日、公務執行妨害と傷害容疑の現行犯で、住所不詳の型枠大工、竹中美智雄容疑者(20)を逮捕した。竹中容疑者は「警察官が勝手に出てきただけ」と否認しているという。

 逮捕容疑は31日午前3時20分ごろ、岸和田市加守町の路上で乗用車を急発進させ、職務質問中だった男性巡査部長(30)を電柱に衝突させて胸の骨を折る重傷を負わせたとしている。

 岸和田署によると、午前3時ごろ、同市加守町の塗料販売会社の警備会社から署に緊急通報があり、巡査部長ら5人が急行。巡査部長が建物から出てきた竹中容疑者を発見、乗用車に乗り込んだ後に声を掛けていたという。竹中容疑者の乗用車は急発進後、電柱に接触し停車した。

【関連記事】
職質から逃走200キロ ヘリ、パトカーの追跡振り切り…逮捕
職質から逃走、カーチェイス5キロ 44歳男を逮捕 接触で2人けが
僧侶を覚醒剤使用容疑で逮捕 新潟・佐渡、不審な言動で職質
やはり自首ではなく職質で発覚と認定 東京高裁
警察官に暴行、自衛官を逮捕 飲酒運転隠しか
iPadが上陸

日米合意に「辺野古」なら福島氏、閣議で署名せず(読売新聞)
<日本記者クラブ賞>梅津時比古記者に賞状(毎日新聞)
「産ませたら不幸になる」 容疑の医師が供述 不同意堕胎事件(産経新聞)
元税理士の男を不起訴=元妻の娘との婚姻届提出―神戸地検支部(時事通信)
首相、分散移転へ協力要請=全国知事会議―普天間(時事通信)
[PR]
by acuzvpgh3f | 2010-06-02 00:20
<愛知女性変死>同居の41歳男を傷害容疑で逮捕(毎日新聞)
 愛知県長久手町の竹林で倒れていた無職、木村登志子さん(55)が死亡した事件で、県警愛知署は24日、木村さんを殴ってけがをさせたとして同居人の自称自動車整備業、阪野通貴容疑者(41)を傷害の疑いで逮捕した。同署は木村さんの死亡との関連も追及する。

 容疑は23日午後7時ごろ、自宅のガレージで、木村さんの尻や腕をプラスチック製のバットで約20回殴ってけがをさせたとしている。同署によると、木村さんの死因は外傷性ショック。倒れていた場所はガレージの約10メートル東。阪野容疑者は「殴った後、木村さんをガレージの中に置き去りにした」と供述しているという。

 愛知署によると、阪野容疑者は09年2月ごろから自宅敷地内の離れに木村さんを住まわせ、以前にも殴ったことがあったという。【山口知】

対外純資産、最高を更新=世界一堅持、266兆円―昨年末(時事通信)
口蹄疫ウイルスどこから侵入 同型確認の韓国、中国から?(J-CASTニュース)
<口蹄疫>種牛殺さないで 6000人が「助命」署名 エース級5頭は陰性(毎日新聞)
「小沢氏了承」改めて供述=再聴取に元私設秘書、石川議員も―東京地検(時事通信)
安全機能の搭載義務化=使い捨てライター、来夏にも規制―子供の火遊び対策・経産省(時事通信)
[PR]
by acuzvpgh3f | 2010-05-26 22:03
小沢氏更迭に期待=民主・渡部氏(時事通信)
 民主党の渡部恒三元衆院副議長は15日、テレビ東京の番組に出演し、小沢一郎幹事長の進退について「小沢君に辞めてくれと言える者は鳩山君以外にいない。まだ、ささやかな期待はしている」と述べ、鳩山由紀夫首相が小沢氏の更迭を決断することに期待感を示した。
 一方、渡部氏は、参院選後の政権運営に関して「仮に(与党)過半数にならなくても、みんなの党や公明党と連携する」との見通しを表明。番組終了後、記者団の質問に答え、公明党との連立の可能性について「大きく負けたときは、公明党と国のために頑張ろうと話をしなければならない」と述べ、選択肢との考えを示した。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設〜政府、5月決着を断念〜
【特集】「陸山会」土地購入事件〜検察審、小沢氏「起訴相当」を議決〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜

ジャンボひと筋「3億円当たればハワイ移住」 宝くじ発売(産経新聞)
消費税率の明記は見送り 自民参院選公約原案(産経新聞)
トキ 卵がまたカラスに奪われる 残りの卵がまだ存在か(毎日新聞)
踏切作動せず列車通過=別の駅ではオーバーランも−JR九州(時事通信)
空自技官、入札巡り200万円の収賄容疑逮捕(読売新聞)
[PR]
by acuzvpgh3f | 2010-05-17 18:06
<憲法記念日>「改憲」「護憲」各地で訴え(毎日新聞)
 憲法記念日の3日、各地で憲法について考える集会が開かれた。18日には憲法改正手続きを定めた国民投票法が完全施行される予定で、護憲派は憲法9条を維持する重要性を訴え、改憲派は時代に合わせた改憲の必要性を指摘した。

 東京都千代田区の日比谷公会堂では、護憲派が「いかそう憲法!輝け9条!」をテーマに「5・3憲法集会」を開催。約4500人(主催者発表)が集まり、社民党の福島瑞穂党首、共産党の市田忠義書記局長らも参加した。

 スピーチでは、江戸文化研究者の田中優子・法政大教授が「江戸時代の270年間に戦争がなかったのは、東アジアと深い信頼関係があったから。憲法9条を失ったら、中国など東アジアに緊張が走り、時計の針を(戦争時代に)戻すことになる」と主張。参加者は集会後、JR東京駅付近まで約1.6キロをデモ行進し、「9条を守ろう」などと訴えた。

 一方、新宿区内藤町の四谷区民ホールでは、改憲派の集会「第41回新しい憲法をつくる国民大会」が開かれた。約400人(主催者発表)が参加し、自民党やみんなの党の関係者らも出席した。

 「新しい憲法をつくる国民会議」の清原淳平会長代行はあいさつで、「憲法は制定時点で止まっているが、時代はめまぐるしく変化した。大きなギャップがあり根本的に見直すべきだ。民主党のリーダーたちも改憲派。国民投票法施行を機に、改憲に踏み切るべき」と改憲の必要性を強調。国会議員や識者らも登壇し、「今の国会は憲法改正についての論議が低調」と訴えた。【福永方人、山田奈緒】

 ◇戦争放棄訴え ノーベル賞・益川さん

 ノーベル物理学賞受賞者で京都大名誉教授の益川敏英さん(70)は3日、千葉県松戸市で開かれた護憲集会で講演し、原爆開発を例に軍事技術の拡散防止だけでは平和実現に限界があるとの見方を示した上で、「植民地支配など、人間はなくそうと考えたものは必ず実現させてきた」と強調。戦争放棄や核廃絶を目指す人類の意志の重要性を訴えた。

 益川さんは平和憲法を守ろうと「九条科学者の会」呼びかけ人になっている。【西浦久雄】

【関連ニュース】
日本国憲法:「改憲に期待」50%…毎日新聞全国世論調査
新憲法制定議員同盟:休眠状態の憲法審査会始動求める決議
社説:憲法記念日に考える 「安保」の将来含め論憲を
憲法記念日:きょう、施行63年 「改憲に期待」50%−−毎日新聞世論調査
特集:きょう憲法記念日 憲法論議、低調なまま 国民投票法、18日施行

ラフティング 水しぶきに歓声…激流に春 札幌・豊平川(毎日新聞)
<潮干狩り>初夏の陽気のなか3万人楽しむ 横浜(毎日新聞)
児童ポルノ誘導サイトも「有害」、削除要請へ(読売新聞)
もんじゅ、5月6日の運転再開を決定(産経新聞)
皇后さまが「山つけ」 春の恒例養蚕作業(産経新聞)
[PR]
by acuzvpgh3f | 2010-05-06 10:03
差額ベッド、急性期病院全病床の2割未満(医療介護CBニュース)
 入院時に特別の療養環境を提供するため、患者の同意の下、医療機関が保険適用の範囲外で請求できる「差額ベッド料」について、急性期病院の全病床に占める差額ベッドの割合は18.2%(約9.1万床)だったことが、医療関連マーケティングなどの「ケアレビュー」(東京都品川区)が実施した調査で明らかになった。

 調査は、全国のDPC対象病院とDPC準備病院のうち、同社が各都道府県の医療機能情報提供サイトで差額ベッドの有無を確認できた1399病院(カバー率89.9%)を対象に実施。今年4月1日現在の情報を基に、全病床(約50万床)に占める差額ベッドの割合や各都道府県の差額ベッド料を集計した。

 各病院の全病床に占める差額ベッドの割合を調べたところ、「10%以上」が36.8%(515病院)と最も多く、次いで「20%以上」(24.0%、336病院)、「10%未満」(19.7%、276病院)などの順。30%以上は全体の16.0%にとどまった。これを都道府県別で見ると、トップは愛媛県の26.8%で、逆に最も低かったのは沖縄県の4.1%だった。
 また、差額ベッド料の最高額と最低額の平均値を算出した結果、最低額は4015円、最高額は1万4980円だった。いずれも最も高かったのは東京都で、最低額は6097円、最高額2万6875円。逆に最も低かったのは、最低額は福島県(2032円)、最高額は富山県(3587円)で、大都市圏で高い傾向が見られた。

 病院の全病床に占める差額ベッドの割合は、民間病院50%以内、公立病院30%以内などと厚生労働省告示で定められている。差額ベッド料は医療機関側が自由に決めることができるが、患者の同意なしで請求することはできない。


【関連記事】
治療結果の分析、DPC参加病院の過半数が未実施
女性看護師の7割、「有給休暇の買い上げ」希望
ワークシェア希望の女性看護師が約8割
赤字病院の割合、4年ぶり7割下回る―公私連調査
DPC新係数に5.6倍の開き−厚労省が告示

サクラの季節なのに… 練馬や箱根で積雪(産経新聞)
二審も市民団体敗訴=県議の海外視察金返還請求−仙台高裁(時事通信)
9項目の「検討の視点」を了承―規制・制度改革分科会WG(医療介護CBニュース)
<改正道交法>70歳以上の死亡事故割合、10年で倍増(毎日新聞)
携帯ポケットにコタツ→やけど、男性が逆転勝訴(読売新聞)
[PR]
by acuzvpgh3f | 2010-04-24 03:37
東京下町の中学、無料で夜間補習教室(読売新聞)
 新入生の減少が続く「不人気校」から抜け出すには学力向上が必要だとして、東京・葛飾区立葛美(かつみ)中学校が20日、地域住民の力を借りながら夜間の補習教室を始める。

 参加無料で、同中OBの大学生らが講師役を務める。学校の評判を気にかけていた住民らも一役買い、答案の採点などを受け持つ。大手進学塾と連携して夜間授業を行う杉並区立和田中の「夜スペシャル(夜スペ)」が有名だが、葛美中では、下町の人情に支えられた「夜スペ」で学力向上を目指す。

 葛飾区が昨年4月、区内の公立中24校を対象に実施した学力定着度調査では、葛美中の場合、平日の勉強時間が20分以下の生徒が42%を占めた。区平均は26%。ゲームで遊ぶ時間が1時間半以上という生徒は80%で、区平均(76%)より多かった。学校別のテスト結果は区内で下位に低迷。同中では、英語と数学で習熟度別の少人数授業や、放課後の補習をしてきたが、郷原茂校長は「家庭での予習や復習が足りない面もあり、十分な効果を上げられなかった」と分析する。

 さらに、同中は以前、生徒が授業中に歩き回るなど、指導が難しい学校とされた時期があったため、学校選択制が導入された2003年以降、周辺の学校に新入生が流れ、03年4月に572人いた生徒は現在、275人に半減している。

 このため、同中では「人気回復にはまずは学力向上」と、4月から希望者を集めた夜間補習教室を始めることにし、文部科学省の学校支援地域本部事業の一環として、住民や保護者に協力を呼びかけた。これを受け、区の青少年委員や学校活動に協力している住民ら15人が「地域応援団」を結成。生徒の答案の採点や下校時の見守りを手伝うことになった。青少年委員の清水剛さん(48)は「不人気校という評判を何とかしたい。できる限りの協力をする」と意気込んでいる。

 補習教室は火・木曜の週2回、午後7時から約1時間半。今年度は1〜3年の計81人が参加予定で、宿題や学校側が用意したプリントで自習をする。分からない問題があれば、ボランティアの同中OBの大学生、アルバイトの元塾講師や会社員ら計4人の講師役に質問する。

プロバイダーの賠償責任を否定 最高裁が初判断(産経新聞)
国の不適正会計、メールで情報提供を…総務省(読売新聞)
切れないナイフ、男性を釈放=銃刀法違反容疑で逮捕−警視庁(時事通信)
第1類の取扱品目数、増やした薬局が32%(医療介護CBニュース)
決起せよ、団塊政治家(産経新聞)
[PR]
by acuzvpgh3f | 2010-04-21 12:42
みかんの搾りかす有効活用、バイオ燃料に(読売新聞)
 愛媛県は12日、みかんの搾りかすからバイオエタノール燃料を作るプラントの起工式を、みかんジュースなどを製造する「えひめ飲料」松山工場(松山市安城寺町)で行った。

 みかんを原料とする同燃料の製造は全国初の試みで、県内で年間約2万トンが排出されている、みかんの搾りかすを有効活用し、できた燃料はガソリンに混ぜるなどして車やボイラーの燃料として使われる。10月に完成するプラントで実証実験を行って技術を確立し、国内外の飲料メーカーなどへの技術の売り込みを目指す。

 県は、県内の特産品を使って同燃料を作ろうと、2007年に、愛媛大や飲料メーカーなどと共に調査委員会を設置。みかんと米が候補となったが、みかんの搾りかすを活用することに決め、県環境創造センターがえひめ飲料や愛媛大などと共同で技術開発を進めてきた。

 08年に環境省の「地球温暖化対策技術開発等事業」の採択を受け、プラントの建設費13億円と、技術開発費2億6600万円は全額環境省が負担。えひめ飲料松山工場の一角の680平方メートルにプラントが建設されることになった。

 プラントでは、同工場から出たみかんの搾りかすに含まれる糖分を発酵させてから蒸留して燃料を取り出す。できた燃料は、ガソリンと混ぜて自動車に使う濃度99・5%と、工場のボイラーなどに使う濃度90%の製品に仕上げる。最大で、1日200トンの搾りかすから同燃料5キロ・リットルを製造できるという。同工場では年間1万4000トンの搾りかすが出るため、年間350キロ・リットルの製造が期待できる。

 同工場では、搾りかすを乾燥させて飼料や堆肥として再利用しているが、飲料メーカー全体では2割程度が処分費用を支払って廃棄されており、燃料にすることで乾燥や廃棄処分にかかっていたコストを削減できる。

 燃料の製造コストは1リットルあたり200円余りと既存の燃料より高いが、環境省の製造費用の半額補助制度を活用することで事業として成り立つと試算。搾りかすだけでなく、間引きしたみかんの実も使うなどしてコストダウンを目指す。

 この日、プラント建設予定地で行われた起工式には、県やえひめ飲料の関係者ら約40人が出席。くわ入れを行った加戸知事は「愛媛が誇れる事業になると思う。温暖化防止につながると期待している」とあいさつした。

山崎さん、先頭で笑顔の入室 国際宇宙ステーション(産経新聞)
橋下知事、大阪市長選出馬も 府・市再編で 新党なら舛添氏応援 (産経新聞)
あいりちゃん事件、広島高裁が鑑定請求却下(読売新聞)
首都高の上限900円 高速新料金、エコ割も(産経新聞)
舛添氏に厳しい処分を=自民全議員懇で続出(時事通信)
[PR]
by acuzvpgh3f | 2010-04-17 09:52
東名阪道の勝川料金所から煙、IC入り口封鎖(読売新聞)
 11日午後0時45分頃、愛知県春日井市追進町の東名阪自動車道勝川第2料金所事務所から、「事務所内から煙が出ている」と119番通報があった。

 煙は約2時間後に消え、けが人はなかったが、勝川インターチェンジ(IC)入り口が午後3時半現在も封鎖されている。

 県警春日井署の発表によると、同ICの料金収受員が、休憩のため、料金所上の2階事務所に入ろうとした際、床下の配線から煙が出ていたという。同署などで出火原因を調べている。

川崎マンション火災 3歳の双子死亡、祖母は重体(毎日新聞)
<中国政府>日本人3人死刑執行通告 外相、駐日大使に懸念(毎日新聞)
<京都大>「自由をはき違えないで」 入学式で学長がクギ(毎日新聞)
「英語に自信なく…」客室乗務員インターホン取らず スカイマークに業務改善勧告へ(産経新聞)
立体駐車場から転落? 男女2人死亡 神戸(産経新聞)
[PR]
by acuzvpgh3f | 2010-04-12 15:14
古里の新聞が認知症緩和 専門家「回想法が脳を刺激」(河北新報)
 父娘が寄り添って新聞を読む。穏やかな老父の顔を娘が優しく見守る。
 須田弘さん(95)は宮城県の旧南郷村(現美里町)生まれ。長年、塩釜市の造船会社で働いた。20年前、福島市で暮らす娘の弘子さん(65)と同居を始めるまで、人生のほとんどを宮城県内で過ごした。
 今も身の回りのことはほぼ自分でこなすが、90歳を超え、認知症で日時や場所の感覚が失われてきた。「自分がどこにいるのか分からないみたい」と、弘子さんは少し寂しげだ。
 「父に少しでも楽しく過ごしてもらいたい」と思っていた弘子さんは、かつて仕事から帰ると、新聞をじっくり読んでいた父の姿を思い出した。なじみのある新聞なら喜んでくれるかもしれないと、昨年秋、弘さんがずっと読んでいた河北新報の購読を始めた。
 「効果は想像以上。宮城の記事が懐かしいのでしょう。1面から丁寧に読み、覚えている地名を『せんだい、いしのまき…』って音読するんです」と弘子さん。認知症の進行も緩和されたようだ、と喜ぶ。
 新聞は本当に認知症の緩和や改善に効果があるのだろうか。福島県立医大の小林直人助教(老年精神医学)は「十分あり得る。回想法に近い」と語る。
 回想法は認知症の治療法の一つ。思い出を振り返ることで脳を刺激する。林助教は「なじみの新聞が脳を活性化した可能性は大きい。初期、中期の認知症には有効だろう」と指摘する。
 さまざまな事情で住み慣れた街を離れる高齢者は多い。弘子さんは介護施設などを運営するNPO法人の理事長だ。「古里の新聞が高齢者にこんなに喜ばれ、認知症対策になるなんて、発見でした」。今後は機会あるごとに「地元紙」の良さを説こうと思っている。


<山岳遭難>宝剣岳斜面に人の姿、神奈川の男性か 長野県警(毎日新聞)
<空自談合>初の改善措置要求 公取委(毎日新聞)
<足利事件>菅家さんの公民権が回復 選挙権も復活へ(毎日新聞)
大宅賞に上原、川口両氏(時事通信)
三井マリ子さん逆転勝訴 館長職の雇い止め訴訟(産経新聞)
[PR]
by acuzvpgh3f | 2010-04-07 03:49
   

カメラマンの仕事、一生懸命がんばります。
by acuzvpgh3f
> 最新のトラックバック
> ライフログ
> 検索
> ブログパーツ
> ファン
> 記事ランキング
> ブログジャンル
> 画像一覧